Form「教育訓練契約」

    以下の契約内容に同意する場合は、お名前、ご住所、お電話番号、メールアドレスを記入の上、送信して下さい。
    なお、内容に疑義がある場合は、お問合せよりご連絡をお願いいたします。

    訓練者(以下、「甲」という。)と訓練担当者(以下、「乙」という。)は、教育訓練契約(以下、「本契約」という。)を締結した。
     本契約を証するため、PDF、電子メールまたはそれらに準ずるフォーマットで契約書を作成し、甲及び乙は各自署名(電子計算機による記名を含む。)の上、各一通を保有する。

    第1条(目的)
    本契約は、別に示す資格取得を対象とした、教育訓練に関する契約書である。
    二 目的を達成するために、甲乙ともに誠実に努力することを誓約するものである。

    第2条(契約期間)
    本契約の有効期間は、契約日から2年間とする
    二 契約期間満了までに、甲より本契約継続の申し出及び契約金の入金が確認出来た場合、本契約と同一の条件において更に2年の期間更新できるものとする。

    第3条(教育訓練の内容)
    教育訓練の内容とは、目的達成のために必要とする次に挙げるものとする。
    1.学科教育(通信教育及び対面教育)
    2.実技教育(航空機及びシミュレーターによる教育)
    3.その他必要な事務諸手続

    第4条(教育訓練の開始日)
    学科教育は、第2条の契約開始日をもって開始する。
    二 実技教育は、別に示す必要な資格を取得し、かつ必要な申請及び調整の完了をもって開始する。

    第5条(契約金)
    契約金は、別に示す。また、契約金は返金しない。

    第6条(教育訓練費)
    教育訓練費は、学科教育費用、実技教育費用及びその他費用とし、別に示す。

    第7条(契約金及び教育訓練費の支払)
    甲は、乙に対し契約金及び教育訓練費を次の日までに支払うものとする。なお、金融機関休業日の場合は翌営業日とする。
    1.契約金:本契約書締結後すみやかに
    2.教育訓練費:毎月末日締め、翌月10日

    第8条(保証)
    実技教育間に発生した事故に伴う保証(機材及び身体)は、実技教育に使用した航空機に付帯する航空保険内とし、それ以外の保証は求めないものとする。
    二 事故に伴う免責金額は300,000円とし、甲の単独飛行時は甲が、乙が同乗している場合は乙がそれぞれ負担するものとする。
    三 搭乗者傷害(PA)保証は次に示す。
    1.死亡保険金額:1,000万円
    2.医療保険金日額:5,000円

    第9条(契約の解除)
    甲乙ともに契約を解除する月の前月27日までに通知する。
    二 契約の解除に伴う費用は、甲の負担とする。

    第10条(不徳行為による契約の解除)
    第9条の規定によらず、次に定める不徳行為を甲が行った場合、乙は甲に対して契約を即時に解除することができる。その際、既に行われた教育訓練の費用並びに契約の解除に伴う費用は、甲の負担とする。
    1.乙と他の契約者並びにその指定した者に危害を及ぼす行為
    2.乙の指導に従わない行為
    3.第6条で定める教育訓練費の支払を滞る行為

    第11条(免責)
    地震、火災、水害等の災害、盗難、偶発事故、その他不可抗力、及び乙の責めに帰すことのできない事由による甲の損害については、乙はその責任を負わないものとする。

    第12条(規定外事項)
    甲乙は、本契約に定めのない事項又は本契約の各条項の解釈に異議があるときは、当事者双方誠意をもって協議し、円満に解決するものとする。

    第13条(合意管轄裁判所)
    本契約に起因する紛争に関し、訴訟を提起する必要が生じたときは、名古屋地方(簡易)裁判所を第一審管轄裁判所とするものとする。

    附則
    1 2020年8月31日以前において、教育訓練の契約を締結していた者については、第2条の契約日を2020年9月1日とし、第5条の契約金は不要とする。(2020.09.01)

    以上