CPAR 技能証明取得の基礎知識

技能証明取得の基礎知識

このコースでは、「自家用操縦士」の技能証明およびその取得、取得後に必要な特定操縦技能審査に関する事項、また、技能証明実地試験に関する実施基準および実施細則について講義します。

パイロットライセンスは航空法では、「技能証明」と呼ばれており、国家資格であることから航空法等の関連法規によって厳しく管理されています。

技能証明の取得には知識面や技術面だけでなく、パイロットとしての考え方や安全に関する事項まで厳しく確認されます。

実地試験を受ける方は、実施細則の内容に熟知して、科目や実施要領、合格基準をしっかり把握する必要があります。

また、技能証明は取得後に更新等はありませんが、航空機に乗り込んで操縦を行う場合には、特定操縦技能審査を受けて合格する必要があります。

このセクションでは、技能証明を取得する上で最も基本となる事項について講義を行います。


プレビューできる講座

準備中です。


受講期間

  • 90日間(受講期間終了後、再購入すれば再受講が可能です。)

受講費

  • 6,000円

注意事項

  • LMSユーザーであるかないかを問わず、講座内容の転載、複写、複製、上映等は許諾していません。

Course Curriculum

Instructors

まだ、コメントはありません。質問や疑問、要望事項や感想などお気軽にコメントして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です