News

パイパー社製M350(PA-46-350P)導入コンサルティングを担当

この度、弊社が導入コンサルティングを行った、パイパー社製M350(PA-46-350P)が無事オーナー様のもとへ届きました。

コロナ渦に加え、日本初輸入かつ初登録のため1年近い年月がかかりましたが、粘り強い関係各位のご尽力により無事に納品されました。

機首から

M350は、マリブの愛称で親しまれている旧機体に、大型化したエンジンとGAMIN-G1000統合計器を搭載した最新モデルになります。

自動操縦装置(Auto Pilot)を搭載した統合計器は非常に使いやすく、また高度な飛行を容易に行う事が出来ます。

 

操縦席統合計器

また、気象レーダーやAFCS(Automatic Flight Control System)を搭載

最新の悪天情報をリアルタイムで得る事が出来、さらに機体が異常な姿勢になった場合に自動で回復する機能

さらに意図しない急減圧によって操縦者が低酸素症になった場合でも自動で回復高度まで降下する等、安全機能が大幅に強化されています。

後部座席とテーブル

納入は、弊社操縦士が八尾空港から名古屋空港まで空輸を行い、到着した名古屋空港ではオーナー様と共に安全祈願を行いました。

機体は非常に綺麗なグレーにブルーのラインが印象的で、「美しい」の一言につきます。

日本初の新しい翼を迎えるお手伝いが出来たことを大変嬉しく思っています。


弊社では、中古から最新機種まで、お客様の御要望に応える機体を世界中から探し出して参ります。

「機体を売る」という姿勢ではなく、オーナー様のご要望や使い方に合わせた「使う機体」をご提案いたします。

「この機体が欲しい!」だけでなく「こんな使い方をしたい!」というご相談もお気軽にご連絡ください。

まだ、コメントはありません。質問や疑問、要望事項や感想などお気軽にコメントして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です